Home > 自社製品 > アクアシリコン遮熱コート

アセット 216_2x.png

アクアシリコン遮熱コート

水性1液形高日射反射率アクリルシリコン樹脂塗料

高耐候超低汚染形アクリルシリコン樹脂遮熱塗料。

高耐候の外壁用遮熱塗料
「アクアシリコン遮熱コート」

室内の温度上昇の要因である太陽光(近赤外線)を反射し、 蓄熱を抑制することで夏場でも室内温度の上昇を抑え、 省エネ・節電に繋がります。さらに高耐候性、低汚染性により塗膜表面の劣化を防ぎ、 遮熱性能を長期にわたり保持します。

優れた遮熱効果

優れた遮熱性で効果的に太陽の熱を反射し、室内の温度の上昇を抑え冷房費の削減につながり節電効果が見込まれ、生活環境も快適にします。

遮熱塗料対応下塗り材との併用で太陽光(近赤外線)をダブルブロック

アクアシリコン遮熱コートに遮熱塗料対応下塗り材を使うことで、太陽光(近赤外線)をダブルでブロックし、遮熱性能をより強く発揮します。

優れた遮熱性能

太陽光は波長によって紫外線、可視光線、赤外線という3つの領域に分けられます。紫外線は塗膜の劣化の大きな要因。可視光線は人が色として認識できる光の領域。そして赤外線は熱線とも呼ばれ、物質に吸収されると熱へと変化します。 その温度上昇の原因となる近赤外領域(780〜2500nm)の光を反射するほど遮熱性能が高くなります。 アクアシリコン遮熱コートは一般カーボン系塗料に比べ高い反射率を実現しています。

高耐候性と低汚染性により遮熱性能を長期間保つ

塗膜の遮熱性能を保持するためには、塗膜表面の劣化(汚れの付着、平滑性の低下)を防ぐ必要があり、アクアシリコン遮熱コートの高耐候性と低汚染性、防藻・防カビ性等により、遮熱性能を長期にわたり維持します。

高耐候性

紫外線に強いシロキサン結合(Si-O-Si)と、紫外線などが原因で発生する塗膜劣化の原因「ラジカル」を抑制することで、耐候性に優れた塗膜を形成します。 短時間で促進耐候性試験が行えるスーパーUVテスター試験では、JIS A 6909耐候形基準値(光沢保持率80%以上)を約600時間経過しても保ち、従来のアクリルシリコン樹脂塗料の1.5倍の耐候性が確認されました。

低汚染性

塗膜が親水性に優れているため、雨が降ると塗膜の表面に水の膜ができ、汚染物質を浮かせ流し落とします。

防藻・防カビ性

最先端のバイオ技術で藻の発生を抑制し、カビの繁殖も抑えます。

TEL
FAX
製品・サービスへのお問い合わせ
03-6417-1888

© FRONTECRESIN Co., Ltd. All Rights Reserved.

フロンテックレジン株式会社

〒140-0014 東京都品川区大井4-4-2 オフィスビル大井MAX-1

TEL 03-6417-1877 / FAX 03-6417-1888

フロンテックレジン株式会社