有機HRC樹脂塗料「T2(タテイル2)」を発売いたしました。

最終更新: 8月11日



2019年8月21日(水)有機HRC樹脂塗料「T2(タテイル2)」新発売!!

塗料グレードの頂点は、「無機」から「有機HRC」へ

これまで有機化合物の宿命であった紫外線劣化を抑えるため、劣化因子“ラジカル”を制御する技術や、無機素材をハイブリッドさせた塗料など、さまざまな塗料が研究・開発されてきました。 建築用塗料は、現場調合、現場施工、常温硬化、作業性、コスト、環境配慮など多くの制約があります。「有機HRC技術」は、それらの制約条件をクリアしながらタテイル(無機塗料)を越える耐候性を実現するために、追究し組み立てられたパーフェクトな配合設計技術です。 従来のラジカル制御技術を超越する高いレベルで設計することにより、無機素材に依存することなく有機素材の持つポテンシャルを最大限まで引き出すことを可能にした、建築用塗料の新境地にして集大成とも言える塗料です。


〈有機HRC樹脂塗料の定義〉

High Radical Control[超ラジカル制御] ●酸化チタンの「新」多重処理 3重構造酸化チタンの中でもラジカル制御効果に大きく貢献するSiO2を見直した新しい処理方法を採用し、従来品をはるかに凌ぐ耐候性を実現。 ●光安定剤、紫外線吸収剤の高配合と長寿化 コストを惜しむことなく試作配合を繰り返し、その効果を最大限に引き出すレベルまで配合。また、ブリードアウト対策として配合処方の段階から徹底的に見直し、長期的な効果維持を実現。


High Resin Combine[最高の樹脂配合] ●有機トリプルレジン ウレタン、シリコン、フッ素それぞれの優れた特性に着目し、全く新しいカスタムハイブリッド素材を開発。これまでにない、強靭で密着性に優れた耐候性の高い塗膜形成を実現。


High Regulation Color[厳制限調色] ●有機顔料の制限 耐候性に不安のある有機顔料(青・黄・赤・緑)を可能な限り使用せず、退色不安を払拭。耐変色性に優れ長期的に建物を美しく保つことを実現。


製品紹介ページはこちら

(グループ会社プレマテックス株式会社のホームページへ移動します)

>T2(タテイル2)

フロンテックレジン株式会社

〒140-0014 東京都品川区大井4-4-2 オフィスビル大井MAX-1

TEL 03-6417-1877 / FAX 03-6417-1888

© FRONTECRESIN Co., Ltd. All Rights Reserved.

フロンテックレジン株式会社